Gypsy 〜fortune salon〜 ☆Louis☆

流浪の民、ジプシー。インドからヨーロッパへと放浪の旅を続け、安住の地を持たない彼らは、ある時は異民族から迫害を受け、ある時は王族・貴族から優遇されたりと、数奇な運命を歩んできました。ジプシー占いは、彼らが明日の運命をかけて真剣に集まって相談しあった中から生まれたものとして知られています。“生死をかけて、真剣に結果を出す”これがジプシー占いの本来の姿です。ジプシーたちはよりいっそう占いに神秘の力を込め、ジプシーカードとそれを用いた占いが確立されていきました。これがヨーロッパの魔術師とよばれる人々によって世界中に広がり、タロットカードが作られていくようになりました。ところが、タロットの源流であるジプシーカードは孤立したジプシーの世界に閉じ込められたため、ごく一部の国で紹介された以外は、ほとんど一般の人の目に触れる機会がありませんでした。ただ、数少ない文献の中にその不思議な魔力・神秘的な的中率が示されているに過ぎないのです。ジプシーたちの中には、時の権力者に重宝され、名声を博した占いの達人もいました。その代表的な例が、ナポレオンの妃のジョセフィーヌと親交の深かったルノルマン婦人です。ルノルマン婦人はナポレオンに対して「王の中の王になる」と占いました。ナポレオンがオーストリア、ロシア、ドイツを支配下に置き世界中にその名声を轟かせたのはその数年後のことです。戦線の度に彼女のアドバイスがあったことは言うまでもありません。このようにジプシーカードは長い歴史を持ち、時には歴史にも影響を与えてきました。それだけに的中率もあらゆる占いの中でトップクラスと言えるでしょう。また、ジプシーカードにより、相手の気持ち、今後のなりゆきを数秒で読み取ることが出来るので同時に、愛される方法も伝えることが出来ます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ためになると言うお話 | main | 93対7 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -

男に必要か?



純度97%というプラセンタの粉末を飲みました。


曰く、ヨーロッパの富豪さんが、わざわざ美容プラセンタを製造するために(自分や知り合いが飲むため)、山を買い、豚を一から厳選し、養豚所をつくり、必要な餌料を与えてるそうな。



もともと営利目的?ではないそうでほとんど趣味に近い(なんと贅沢な!!)商品が出来上がってしまったらしい。



商品のうわさを聞きつけたあまたの商社もオーナーの意向には副わず、皆しぶしぶ引き上げたらしい。


ところが、そんな人ってお金じゃないんだよね。
御目がねにかなった人物(友人の友人)にお譲りしたそうな。←美容業界では有名人



僕はたまたま、飲ませてもらうことが出来たんだが、お世辞にも旨くはない。
ということで、甘党の方にはおすすめ出来ない。

男性諸君にも・・
☆Louis☆ | 美容 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする










この記事のトラックバックURL
http://gypsycard.jugem.jp/trackback/16
この記事に対するトラックバック
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ブログランキング
TIME
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS