Gypsy 〜fortune salon〜 ☆Louis☆

流浪の民、ジプシー。インドからヨーロッパへと放浪の旅を続け、安住の地を持たない彼らは、ある時は異民族から迫害を受け、ある時は王族・貴族から優遇されたりと、数奇な運命を歩んできました。ジプシー占いは、彼らが明日の運命をかけて真剣に集まって相談しあった中から生まれたものとして知られています。“生死をかけて、真剣に結果を出す”これがジプシー占いの本来の姿です。ジプシーたちはよりいっそう占いに神秘の力を込め、ジプシーカードとそれを用いた占いが確立されていきました。これがヨーロッパの魔術師とよばれる人々によって世界中に広がり、タロットカードが作られていくようになりました。ところが、タロットの源流であるジプシーカードは孤立したジプシーの世界に閉じ込められたため、ごく一部の国で紹介された以外は、ほとんど一般の人の目に触れる機会がありませんでした。ただ、数少ない文献の中にその不思議な魔力・神秘的な的中率が示されているに過ぎないのです。ジプシーたちの中には、時の権力者に重宝され、名声を博した占いの達人もいました。その代表的な例が、ナポレオンの妃のジョセフィーヌと親交の深かったルノルマン婦人です。ルノルマン婦人はナポレオンに対して「王の中の王になる」と占いました。ナポレオンがオーストリア、ロシア、ドイツを支配下に置き世界中にその名声を轟かせたのはその数年後のことです。戦線の度に彼女のアドバイスがあったことは言うまでもありません。このようにジプシーカードは長い歴史を持ち、時には歴史にも影響を与えてきました。それだけに的中率もあらゆる占いの中でトップクラスと言えるでしょう。また、ジプシーカードにより、相手の気持ち、今後のなりゆきを数秒で読み取ることが出来るので同時に、愛される方法も伝えることが出来ます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -

ジプシーカードと霊感

ルビー先生曰く、「わたし、霊感全くないから。」

ルビー先生は、占うときにまず、「生年月日は?」と問う。

指折り数えて、韓国四柱で依頼者を見る。

いわゆるミクスチャー。

おおよその部分などはわかるみたい。

そこから、ジプシーカード占いが始まる。

男女の象徴カードの間に置かれるジプシーカードは不思議な模様とともに依頼者の現状と心を映し出す。

的確である。

詳細は時と環境により移り変わる。

すでに感嘆しかなく、読みとくのにそんなに時間を要しない。


先日、個人的にミックスを試してみた。

僕が使えるのは、ジプシーカードだけである。


・・が、依頼者を見るのに、久々に「霊感」を使ってみた。およそ10年ぶりくらい。

自分で納得の出来ないことは、封印してきた。恐怖体験も何もかも。

色んな人から

「同じチカラがある。」「あなたも出来るようになる。」「君ならわかるでしょ。」

は否定をしてきた。

説明はしにくいが、「第3の目」のように肉体ではなく、表情ではなく裸の魂がわかる。


ジプシーカードとの組み合わせが以外と僕にはよく今後使うかもしれない。

☆Louis☆ | 占術 | comments(0) | trackbacks(0)

ジプシーカード

最近、ジプシー占いについてのお問合せをいただく機会が増えてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ジプシー占いって何ですか?」

「ジプシーカードってタロットのようなものですか?」

「何が占えますか?」

「恋愛とかってわかりますか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろいろありますが、まだまだ認知されていないなぁと思います。

なかなかお目にかかることが少ない占術です。

街頭でやってる「手相」、雑誌で見かける「西洋占星術」、携帯サイトでみる「四柱推命」・・・・。

「ジプシー占い」は今地道にイベント活動を行っていますが、雑誌・メディアでの露出は極めて低い状態です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「占いは儲かるのか?」とよく知人・友人に尋ねられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても深いテーマですので、よくひとりで考えます。

僕の中での一つの答えは「うらない=売らない」。

そこに至る過程では、精神・宗教さまざまな要素が入り混じってきます。

だから、「売らないは儲からない。」

お金に直結するまたはさせるイメージが残念でならない。これは多分僕自身の環境なんだと思う。

社会的貢献・地域活性・奉仕について考える。

☆Louis☆ | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0)

ファッション

「和柄ブーム」といって久しいですが、今年はなんとなく、

「四神」

に纏わるものがはやりそうな気がします。


青龍・白虎・玄武・朱雀。

僕も一つだけ身に付けています。

デザインは流行に左右されますが・・



以上、根拠が全くない話なので一応。


流行は一巡する。


ある程度の周期を持つものですが、30代過ぎると懐かしく思えるものや、それ持ってるなぁみたいのことがあるのがファッション。


ときどき先を行き過ぎたり、少し遅れてたり。


そんな感じ。

☆Louis☆ | アクセサリー | comments(0) | trackbacks(0)

十戒

少しあたたかくなったと思っていたら今日からまた寒いです・・

風邪ひかないよう気をつけよう!


友人から面白い文章をもらった。


十戒

・高いつもりで低いのが教養
・浅いつもりで深いのが欲望
・厚いつもりで薄いのが人情
・強いつもりで弱いのが根性
・多いつもりで少ないのが分別

・低いつもりで高いのが気位
・深いつもりで浅いのが知恵
・薄いつもりで厚いのが面の皮
・弱いつもりで強いのが自我
・少ないつもりで多いのが無駄



見る日によって感じ方、捉え方が変わるので面白いと思う。

☆Louis☆ | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0)

うらないばばあ中間報告!!!

「ジプシーフォーチュンサロン」と「占い場BAR」

昼と夜仕事しています。

昼は店舗代表、夜はバーテン。


もともと「夜」の仕事には憧れと希望は抱いていましたが、実は酒が飲めない。


たしなむ程度である。


お店は少しレトロな感じで、僕の好きなJAZZが流れる所謂「BAR」!


木製のカウンターもあちこちニスが剥がれてたり、イスもタバコの焼け焦げがあったりと几帳面な方には敬遠されそうなお店。

勝手な主観だが、肩肘張らないお気楽なかんじがまた良いと思う。



きて頂いたお客様とこれから来るお客様には感謝とお詫びが必要です。

僕はお酒が飲めません。ですので、実はお酒の種類を知らない。
大問題ですので、OPEN前研修に行きました。

味と分量。

数十種のカクテルを一口一口確かめる。
好みはあるだろうが、一通りのマニュアルと味を覚え、酔いました。


たまに知らないカクテルの注文が入ります。

「プロなら当たり前!」

冗談交じりにも語気に強みを帯びた感じでいじられることもあります。

反省することと改善することが毎日たくさんあり、実はとても楽しく思います。


服装から会話、注文のタイミング・・・・・・・・・・


多分僕次第なことが多い。



申し訳ありません。



占いは?


普段、「〇〇分いくらです。」


の時間と相談内容に切迫された雰囲気のサロンとは違い、お酒を飲みながら気さくな会話が飛び交っています。

テスト(プレ)OPEN?ということもあり、お客様と占い師は「占いあり、雑談あり」でついついどこからどこまでが鑑定時間なのかわからなくなるくらいの出血大サービス状態です。


笑いあり、笑いありの裏話から、


笑いあり笑いありの裏事情まで・・・。


普段は聞きたくても聞けないような占い師のお話が聞けたりします。

実は身近な存在なんだと気づくことも出来る。



1/31まで営業しています。

みなさまのご愛顧に感謝。






☆Louis☆ | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0)
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ブログランキング
TIME
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS